経験豊富なコンサルタントがあらゆる課題を解決に向けて改善支援します


  業務改善コンサルティング


企業の経済活動においては、以下のような観点での‘業務カイゼン’が必須です!
しかし、現状はどうでしょうか。御社にも、以下に想定するような多くの課題が存在するのではないでしょうか。

1.想定される現状の課題
1)紙台帳で運用している業務が非常に多い(紙情報が非常に多い)
●手作業での記帳、転記作業が多く、ミスも多い
●作業効率が悪い
●紙情報の保管コストが高い
●目的とする情報の取出しが大変
●紙情報のため全社的な情報共有ができていない(ノウハウの継承が困難)
●時系列での検索、関連情報の検索閲覧ができない
●事業継続の観点からの対応が不十分(ディザスタリカバリー)
●情報セキュリティの観点での対応が不十分(情報漏えい対策)

2)コンピュータによるシステム化が行われているが、手作業での事務作業も多い
●帳票レイアウトが毎年変更される業務がある
   ・従来の開発方式ではシステム化が困難
   ・開発期間が長い、開発コストが高い、システム保守のコストが高い
●ホストシステムから紙で出力される資料が非常に多い
●過年度分の情報管理ができていない

3)電子情報(Word、Excel、画像、図面)がPC等に散在している
●情報の一元管理・共有ができていない(機会損失の低下、顧客満足度の低下)
●情報セキュリティ対策が不十分(アクセス制御、アクセスログの管理)

4)最新文書(マネジメント文書等)、最新図面の管理及び改訂履歴管理ができていない
●製品、サービス品質低下(企業としての信用失墜)

5)既に導入しているファイリングシステムの操作性が悪い
●情報量が増大し、照会レスポンスが非常に遅い
●検索機能が不十分
●保存している情報形式(データベース)の変更が難しい
●TCOが高い
●e-文書法等への対応できていない(記録の真正性・信頼性・完全性・利用性)

6)新しく制定された法令等への対応が不十分
●日本版SOX法(金融商品取引法)
●個人情報保護法
●e-文書法

2.コンサルティングサービス
ISO15489に準拠した記録管理基盤の構築
弊社は、上記に示す課題を解決するために、システムコンサルティング及びQMS(ISO9001)、EMS(ISO14001)、ISMS(ISO27001)、PMS(JISQ15001)等のコンサルティングで養った経験とノウハウを活用し、現場視点でのコンサルティングサービスと記録管理基盤構築のための‘記録管理システム’をご提供いたします。

弊社は、上記の要件を満足するISO15489に準拠した記録管理システム
知財創庫 R 」をご提供します。
※知財創庫 R:株式会社ジムコの商品です

お問合せについて

お問合せについては、こちらのフォームよりお願い致します。
お見積もりの依頼については、こちらのフォームよりお願い致します。

ご不明な点などお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:052-203-2811 メールはこちら